押さえておきたいベビーの習い事

ベビー向けの習い事でいま人気があるのは?

赤ちゃんの習い事

〇歳から何を習わせると良いとか、〇歳からでは遅いとか、子供の習い事についていろいろな話を聞きますよね。
時には多くの情報に混乱して、何が一番なのか判断できなくなることもあります。
生まれてすぐの赤ちゃんは、何もわかっていません。
彼らは毎日「生きて」行くことに精いっぱいで、何かを習う、習得する、という事は、ずいぶん先でなければできないことです。
そんな時に習い事なんて、いったい何をさせればいいのかわからない、という事もあるのではないでしょうか。
ベビーの習い事は、一般的に言われている習い事とはちょっと違います。
赤ちゃんが何かできるようになるのは、頭で考えるわけではなく、パパやママのすることを模倣することで習得します。
最近流行っているベビーサインは、まだ話せない赤ちゃんと簡単なサインで意思疎通を図るというものです。
例えば、「美味しい」という気持ちを頬を指でツンツンとする、とか、体の部分を指で指し示す、といったことです。
これらは、ベビーサインの代表的なものですが、はじめはパパやママが繰り返しやって見せることで、赤ちゃんはできるようになります。
意味までは、理解していないわけですね。
まさに、赤ちゃんだからこその習い事です。
このベビーサイン、月齢半年以降から教室や講座に行ってみた、という例が多いようです。
ところで、ベビーというとどれくらいの月齢までをいうのでしょうか。
ベビーと付く習い事は、大体半年から3歳頃までという事が多いようです。
3歳でベビー?と感じる方も多いと思います。
そこで、ここではしっかりと歩けるようになる2歳前後までの子供にとっての習い事を取り上げています。
成長には個人差がありますが、参考にしていただけると幸いです。

赤ちゃんが習う事とは?

脳が良く働くことは、体にも良いという事はよく知られたことです。 脳に刺激を与えることは、赤ちゃんにとっても大切な事です。 また、体の機能をしっかり使えるようになるために、こちらも刺激することが必要です。 日常生活では受けることのない特別な刺激を与えてあげることが、習い事の大きな役割です。

お馴染みの習い事もベビーならでは

感覚にアプローチすることを主な目的としているベビーの習い事は、代表的なよく聞くものです。 スイミングは手足を大きく動かしたり、水の感覚(触れる、浮く)を体験することができます。 リトミックもリズムに合わせて体を動かすことで、楽しいという感覚を育むことができます。

ベビーとパパとママ

ベビーの習い事は、月齢に応じたプログラムが組まれています。 パパやママと一緒にできるので、赤ちゃんにも安心です。 パパやママにとっても、赤ちゃんの反応をしっかり見ることができますから、自宅でもできることで赤ちゃんに刺激を与えてあげることができますね。